« どんぐりころころ | トップページ | ぶるぶる »

2008年1月16日 (水)

波乱のお正月

今更ですが明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

ひっさしぶりの更新すぎて、使い方忘れかけてます。今年はマメに更新を!と思っていたのにもう1月も半分終わってしまいましたー。ちょっと大変なことがあってなかなかPCに触れず・・・。

2008年のお正月は私とたいちんにとって大きな試練の時でした。結論から言っちゃうと「断乳しました!」
年末からパパの実家に帰省していた私は、元日の朝から乳腺炎になり救急外来に駆け込みました。もともと乳腺が詰まりやすく何度も乳腺炎にはなったけど、最近は落ち着いていたのでちょっと油断してたのね。年末からの疲れと、帰省に伴う生活リズムの変化が合わさってなったんだと思う。
最初は断乳なんて全く考えてなかった。1歳5ヶ月で「まだ夜間のみ3回授乳してる」と言ったら先生に怒られたけど(ホントは1日に5~6回だったけど言わなくて良かった)、自然な卒乳をしたいと思っていたので今回の乳腺炎が治まったらまた続けようと思っていました。
でも治療に通ううちに、私の母乳の量が多すぎてこのまま続けるにはかなり無理があるということに気づいたのです。まだ産後3ヶ月位のピーク時の母乳のようだと言われました。それだとまたすぐ乳腺炎を繰り返すことになる。
それに「沢山出過ぎる良いおっぱい」のせいでたいちんは食事量が増えず、結果的に身長・体重の伸びが良くない。自分の実家に滞在して両親のヘルプを頼める今が断乳するチャンスなのかもと思うようになり、三日間続いた熱が下がった時に決心しました。

三日目の病院の帰り道に「断乳しよう」と決めたんだけど、自分でもびっくりするぐらい涙が出ました。私がたいちんの「ママ」でいられる最大の武器が「おっぱい」だったんです。母親になるという自覚もないまま妊娠期間が過ぎ、難産の末、結局帝王切開で出産した私は、母乳で育てているという事にしか「母親である」という実感が持てなかった。最初からトラブルの多いおっぱいだったけど、苦にならなかった。だから「おっぱい」が無くなったらたいちんとどう接したらいいか分からない、と思いました。
最後の授乳は朝、病院に行く前にあまり飲みたくなさそうなたいちんを捕まえて慌しく済ませてしまいました。もっとちゃんとじっくり飲ませてあげれば良かった。でももう一回なんて言ってたらまた決心が揺らぐので止めました。

1月3日 断乳初日
昼間はおっぱいの事なんか忘れてたたいちん。夜寝る前になぜかおっぱいが出てこないことに気付く。「ママ、おっぱい、イタイイタイなの。ナイナイだよ」と言ってみるけど泣いて要求。そうだよね。急に何の説明もなく取り上げられちゃうなんてひどいよね。めったに泣かないたいちんが泣きながら抱っこで寝る。午前三時頃起きて泣きながら催促。「さっきはなんでくれなかったのー!」とばかりに。母乳を止める薬を飲んだ私は副作用がひどくて泣いてあばれるたいちんを抱っこすることもできなくなってしまいました。こんなに泣いて欲しがってるのに、おっぱいもぱんぱんに張ってるのに、こんな具合の悪くなる薬を飲んでまで母乳を止めるなんて、私は何をやってるんだーと泣けてきました。そのうちじいじとばあばが起きて来てくれて、たいちんをあやしてくれ、結局ばあばのおんぶで眠りました。

1月4日 断乳2日目
たいちん、私を避けている。じいじとばあばにべったり。お昼寝もばあばのおんぶで。夜は昨日の疲れからかそんなに泣かずに夜中に起きても抱っこで眠れた。

1月5日 断乳3日目
やっぱり避けてる(笑)顔もあまり見てくれない。しょうがないよね。
急に食欲が出てきてものすごい食べる。前は5分と座っていられなかったのに、食卓に1時間座って食べている!寝る前はバナナで満腹に。「おっぱい」という言葉を絶対口にしない。あれだけ日に何回も言ってたのに。寝る前に「おっぱい」と言えないので代わりに「プリン~プーリーン~」と言いながら眠る。たいちん、頑張ってる。

1月6日 断乳4日目
朝起きて私の顔を見て「おっぱい、バイバイ。ないない」と言う。自分に言い聞かせるみたいに。たいちんエライ!

おっぱいがなくなってからもうすぐ2週間です。今日あれから初めてたいちんと一緒にお風呂に入りました。ママは緊張してしまったけど、たいちんは「あ。おっぱい」といってちょっと恥ずかしそうにしていました。
おっぱいがなくなったら、たいちんはものすごくよく食べます。世の中にはおいしいものがいっぱいあったんだー!と思ってるでしょう。そして夜中に起きることがなくなりママは1年5ヶ月ぶりに朝までぐっすり眠ることができました。寝かしつけもおんぶ10分ぐらいですんなりです。まえよりちょっと甘えん坊になったかな?おっぱいがなくても私を「ママ」と呼んで追いかけてくれます。あとは私のおっぱいが完全に良くなってくれればおしまいです。もとの貧乳に戻りつつあります(涙)が、今はいいタイミングで断乳できたと思ってます。

ダラダラと長く書いてしまいましたが、たいちんの頑張りを記録しておきたかったので。
読みづらい文章、ここまで読んでくれた方、ありがとうございました!

|

« どんぐりころころ | トップページ | ぶるぶる »

コメント

断乳成功おめでとうございます♪
かなり、大変でしたね。
そして、たいちんもメチャメチャ頑張りましたね☆

うちは、すごく安産でしたけど 産後おっぱいが張る事もなく母乳も出てきませんでした。
頑張って頑張って、1日しぼって出た母乳も20ml位・・・(泣)

母乳がメチャンコ出るminkさん素敵♡
でも、断乳も凄く大変なんですね(☆o☆)
これからも、子育て頑張って下さいねv(^-^)v

投稿: ヨツバ | 2008年1月16日 (水) 22時53分

ヨツバさん!ありがとうございます!

何事も「過ぎたるは及ばざるが如し」です。
母乳がメチャンコ出てもあんまり他人に自慢できない(?)のでヨツバさんに褒められて嬉しいです。

もっと段階的にうまく断乳すればよかったんですけどね。
たいちんが納得していないまま決行してしまったので、若干の罪悪感が・・・。
でも本人は意外にケロッとしているのでホッとしています。

投稿: mink | 2008年1月17日 (木) 00時14分

お久しぶりです!更新楽しみにしていました。
断乳されたんですね。おめでとうございます。
ちょっぴり大変だったみたいだけど、
また前に一歩進めましたよね。
ママを避けてたなんて、そんなわけないですよ~。
もしかしたら、理解しておっぱいを見ないようにしていたのかもしれませんね。けなげなたいちん。

実は私も先月おっぱいを終わらせました。
お恥ずかしい話ですが、卒乳してから
夢の中で、もうおっぱい飲んでもらえないんだーって
すごく悲しくなって、息子じゃなくて私が夜泣きして
目が覚めました。
うそみたいな本当の話です(恥)。

投稿: kaori | 2008年1月17日 (木) 11時37分

読んで涙が滲み出てきた私なのです。minkさん、がんばりましたね。たいちんも、
「うおっ、ママ!!…おっぱい大好きだけど、見ないふり見ないふり~(;・3・)~♪」なんて葛藤していたんだろうなー。よくがんばりました…!
うちの娘はまだおしゃべりがあまりできないので、おっぱいという単語を覚えて、ちょっと喋り始めたら断乳を考えているのです。いろいろ手術しなきゃいけなかったり、病気をなおすお薬を飲まなくてはならないのです…。強い薬も飲めないというのが辛いです。薬も2週間とかあったりするので、「母乳はあげないでください」なんていわれたら「それって断乳ですよねえ。二週間もあげなかったら出なくなるんですけどねぇー」と言ったりしています。わー鬼患者ー。

きっと、たいちんにとって、おっぱいが「食料」から「ママの身体」になってちょっと恥ずかしい感じになっているのかな。はずかしそうにしているたいちんが、かわいいです!

断乳するとご飯もすごくよく食べるようになり、眠るようになる。というけど、本当なんですね。うわー、憧れる。美味しいもの、いっぱい食べてね、たいちん!
こんなコメントでは気持ちが全部伝えられない…ですがこれだけは。minkさんの選択、正解だと思いますよ!

投稿: 餡 | 2008年1月17日 (木) 23時31分

kaoriさん!
ご無沙汰してます!コメントありがとうございました!

kaoriさんも卒乳されてたんですね。
夜泣き・・・解ります。私も、もうたいちんがおっぱいを飲むことは二度と無いんだーと思ったら寂しくなりました。

おっぱいを卒業して切ないのは子どもよりママなのかもしれないですね~

投稿: mink | 2008年1月19日 (土) 00時16分

餡さん!コメントありがとうございます!

コメントの最後の一文、非常に嬉しくありがたい言葉でした。
迷いや後悔が残ったまま断乳してしまったので、餡さんがはっきりと肯定してくれたおかげでなんだかスッとしました。
ありがとうございます!

喋り出してからの授乳ってまた楽しいんですよ。
できれば感想が聞けるようになるまで続けたかったです。
「おいしい」とか「もうお腹いっぱいだよ~」とか(笑)

餡さんはご病気をお持ちなんですね。
子育ては体調が万全でもしんどいことが多いのに、きっとさーちゃんの笑顔が吹き飛ばしてくれるんでしょうね。
餡さんも「その日」まで母乳育児楽しんでくださいね!

投稿: mink | 2008年1月19日 (土) 00時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« どんぐりころころ | トップページ | ぶるぶる »