« 2007年11月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月24日 (木)

1歳6ヶ月!

たいちん、ついに1歳6ヶ月になりました。
1歳過ぎてからますます時間が経つのが早いように感じます。
Cimg0883_2

お気に入りのくまちゃん

あんよも上手になってきて階段の昇り降りにも挑戦しています。広いショッピングモールでうっかりカートから降ろしちゃうと、物凄い速さで移動!追いかけるのに必死です。
1歳過ぎた頃からおしゃべりもし始めたんだけど、最近は起きている時はずーっとなにかを言っている。大人の話していることも聞いていて、話題に反応してみせたり。
昨日ぐらいから「バナナ・食べよ?」とか「おちゃちゃ・ちょーだい」とか文章っぽいことも言えるようになってきました。
しかしこのたいちん語のおしゃべりに一日中付き合うのも楽しいけど結構大変です。たいちんの言葉には必ず答えてあげようと思ってるのですが、そうすると自分の「物を考える時間」というものが奪われる!献立すら考える暇が無いっ!
ちゃんとしゃべれるようになったらもっと大変だ~

断乳後、だいぶ甘えん坊になってしまったたいちん。今更ですがおんぶ紐が大活躍です。なかなか寝てくれない時は「うーん、おっぱい出したい!」と思ってしまいますが、流石に止まってるし。すんなり寝てくれたのは最初の一週間だけだったなー

| | コメント (0)

2008年1月19日 (土)

ぶるぶる

寒いです。
我が家は比較的暖かいので、現在、暖房器具は加湿温風器1台のみです。
エアコンはついてるけどほとんど使いません。
こたつはたいちんがいるので無い方が色々都合が良いので。
でもさすがに夜は寒い。
今ブログ更新しようとして特にネタがなかったものだから、無意識に「寒い」と打ってしまうほど寒いです。(エアコン使えばいいのに)

それが原因かどうかは解りませんが、たいちんの風邪が長引いてます。
熱が出ないので病院には行かなかったんだけど、咳が残ってしまいました。
気管支炎っぽい咳なので心配。
寝てると咳がでるんですよね。
やっぱり病院いくべきだったかな?

いつも迷う。熱が無い時、どのタイミングで病院に行くか?
特に今はヘタに出掛けていって他の病気をうつされたりしないかな?なんて思って。
自分の体じゃないからよく解らないし。
でも心配してるなら病院に行って診てもらうほうが安心できるよね。

しかしたいちんはよく食べる。
断乳以降すごい食欲です。大丈夫かな?
特に魚が大好きです。
もうすぐ1歳6ヶ月健診なのでどれだけ大きくなったか楽しみです。

| | コメント (0)

2008年1月16日 (水)

波乱のお正月

今更ですが明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

ひっさしぶりの更新すぎて、使い方忘れかけてます。今年はマメに更新を!と思っていたのにもう1月も半分終わってしまいましたー。ちょっと大変なことがあってなかなかPCに触れず・・・。

2008年のお正月は私とたいちんにとって大きな試練の時でした。結論から言っちゃうと「断乳しました!」
年末からパパの実家に帰省していた私は、元日の朝から乳腺炎になり救急外来に駆け込みました。もともと乳腺が詰まりやすく何度も乳腺炎にはなったけど、最近は落ち着いていたのでちょっと油断してたのね。年末からの疲れと、帰省に伴う生活リズムの変化が合わさってなったんだと思う。
最初は断乳なんて全く考えてなかった。1歳5ヶ月で「まだ夜間のみ3回授乳してる」と言ったら先生に怒られたけど(ホントは1日に5~6回だったけど言わなくて良かった)、自然な卒乳をしたいと思っていたので今回の乳腺炎が治まったらまた続けようと思っていました。
でも治療に通ううちに、私の母乳の量が多すぎてこのまま続けるにはかなり無理があるということに気づいたのです。まだ産後3ヶ月位のピーク時の母乳のようだと言われました。それだとまたすぐ乳腺炎を繰り返すことになる。
それに「沢山出過ぎる良いおっぱい」のせいでたいちんは食事量が増えず、結果的に身長・体重の伸びが良くない。自分の実家に滞在して両親のヘルプを頼める今が断乳するチャンスなのかもと思うようになり、三日間続いた熱が下がった時に決心しました。

三日目の病院の帰り道に「断乳しよう」と決めたんだけど、自分でもびっくりするぐらい涙が出ました。私がたいちんの「ママ」でいられる最大の武器が「おっぱい」だったんです。母親になるという自覚もないまま妊娠期間が過ぎ、難産の末、結局帝王切開で出産した私は、母乳で育てているという事にしか「母親である」という実感が持てなかった。最初からトラブルの多いおっぱいだったけど、苦にならなかった。だから「おっぱい」が無くなったらたいちんとどう接したらいいか分からない、と思いました。
最後の授乳は朝、病院に行く前にあまり飲みたくなさそうなたいちんを捕まえて慌しく済ませてしまいました。もっとちゃんとじっくり飲ませてあげれば良かった。でももう一回なんて言ってたらまた決心が揺らぐので止めました。

1月3日 断乳初日
昼間はおっぱいの事なんか忘れてたたいちん。夜寝る前になぜかおっぱいが出てこないことに気付く。「ママ、おっぱい、イタイイタイなの。ナイナイだよ」と言ってみるけど泣いて要求。そうだよね。急に何の説明もなく取り上げられちゃうなんてひどいよね。めったに泣かないたいちんが泣きながら抱っこで寝る。午前三時頃起きて泣きながら催促。「さっきはなんでくれなかったのー!」とばかりに。母乳を止める薬を飲んだ私は副作用がひどくて泣いてあばれるたいちんを抱っこすることもできなくなってしまいました。こんなに泣いて欲しがってるのに、おっぱいもぱんぱんに張ってるのに、こんな具合の悪くなる薬を飲んでまで母乳を止めるなんて、私は何をやってるんだーと泣けてきました。そのうちじいじとばあばが起きて来てくれて、たいちんをあやしてくれ、結局ばあばのおんぶで眠りました。

1月4日 断乳2日目
たいちん、私を避けている。じいじとばあばにべったり。お昼寝もばあばのおんぶで。夜は昨日の疲れからかそんなに泣かずに夜中に起きても抱っこで眠れた。

1月5日 断乳3日目
やっぱり避けてる(笑)顔もあまり見てくれない。しょうがないよね。
急に食欲が出てきてものすごい食べる。前は5分と座っていられなかったのに、食卓に1時間座って食べている!寝る前はバナナで満腹に。「おっぱい」という言葉を絶対口にしない。あれだけ日に何回も言ってたのに。寝る前に「おっぱい」と言えないので代わりに「プリン~プーリーン~」と言いながら眠る。たいちん、頑張ってる。

1月6日 断乳4日目
朝起きて私の顔を見て「おっぱい、バイバイ。ないない」と言う。自分に言い聞かせるみたいに。たいちんエライ!

おっぱいがなくなってからもうすぐ2週間です。今日あれから初めてたいちんと一緒にお風呂に入りました。ママは緊張してしまったけど、たいちんは「あ。おっぱい」といってちょっと恥ずかしそうにしていました。
おっぱいがなくなったら、たいちんはものすごくよく食べます。世の中にはおいしいものがいっぱいあったんだー!と思ってるでしょう。そして夜中に起きることがなくなりママは1年5ヶ月ぶりに朝までぐっすり眠ることができました。寝かしつけもおんぶ10分ぐらいですんなりです。まえよりちょっと甘えん坊になったかな?おっぱいがなくても私を「ママ」と呼んで追いかけてくれます。あとは私のおっぱいが完全に良くなってくれればおしまいです。もとの貧乳に戻りつつあります(涙)が、今はいいタイミングで断乳できたと思ってます。

ダラダラと長く書いてしまいましたが、たいちんの頑張りを記録しておきたかったので。
読みづらい文章、ここまで読んでくれた方、ありがとうございました!

| | コメント (6)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年2月 »